So-net無料ブログ作成
検索選択
美酒美食会 ブログトップ
前の10件 | -

第36回しのだ日本酒の会 [美酒美食会]

今年もこの時期になりました[ぴかぴか(新しい)]

『第36回 蔵元を囲む しのだ日本酒の会』

まだまだ暑い時期なので、着物を着ようと思ったけれど・・・断念[バッド(下向き矢印)]

でも、たくさんの蔵元さんがいらっしゃるのでものすごーく楽しみにしていました。

100912001.jpg

今回の場所はドリプラの近くの「マリンビル」。海と観覧車が間近にありいい感じです[目]

 

100912003.jpg

会場に入ると、ひろーい室内にぐるっとまわりを囲むように蔵元ブースがありました。

県内外合わせ20社もの蔵元がぎっしりならんでいる!!すご~い!!!

100912004.jpg 

100912006.jpg やっぱり『滝上秀三』は飲まないと[手(チョキ)]

しのださんのプログラムをさっそく見て、狙うお酒を確認です。お酒は100銘柄以上あるんですよ~[ひらめき]迷っちゃうわ[あせあせ(飛び散る汗)]

100912010.jpg

なすびのお弁当も少し食べて列に並んでお酒をゲット。←この繰り返しなのですが、だんだん酔いがまわって席へ戻る回数が減って・・・蔵元ブースでしばし歓談。これが楽しい[exclamation]

 

地元のお酒ももちろんおいしいですが、青森の『豊盃』や福井の『黒龍』など普段頂けないお酒に感動[ぴかぴか(新しい)]

 

100912011.jpg 

それに、今年は「グレイスワイン」のブースがあり、異彩を放っていました。

 

100912012.jpg

「グレイスワイン」は、ラッキーな事に私好きなんです・・・。うふふっ[揺れるハート]

とても綺麗な味・色。とても飲みやすい。

しのださんもグレイスワインに力を入れているようで・・・来年が楽しみです。

 

日本酒好きが集まると・・・みんなお友達のよう。ほんと日本酒は美味しい[ぴかぴか(新しい)]

しのださんありがとうございました[るんるん]

 

↓↓↓よかったらこちらもポチッとね

人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

駿河地酒や 『國香』 [美酒美食会]

今月も楽しみにしていました『駿河地酒や』に行ってきました。

なんといっても、今回は私が静岡一大好きなお酒『國香』です!超嬉しい~[ぴかぴか(新しい)]

100804006.jpg

 

今回は真夏ということもあり、勝手にドレスコード『浴衣』に決定。

 

人数も35人とたくさんの方で会場が賑やかでとてもいい感じです。

 

100804005.jpg

乾杯を合図に松尾社長の「お酒ができるまで」のスライドを使ったレクチャーが始まりました。

とても丁寧に優しくお話になって分かりやすかったですね。

 

 

 

今日のお酒のラインナップは・・・

①乾杯酒 純米大吟醸 斗瓶生 山田錦40%

②大吟醸 斗瓶生 山田錦40%

・・・もうここまでで、嬉しくて腰が砕けそうです[あせあせ(飛び散る汗)]

③純米吟醸 中汲み 山田錦50%

④純米吟醸 傳一郎(手作り生) 山田錦60%

⑤特別本醸造 生原酒 五百万石55%

⑥特別純米 無ろ過生原酒 五百万石55%

⑦夏のおすすめ   ←ん?うろうろしていて飲んでいない?飲んだ?

 

100804011.jpg 100804009.jpg

100804004.jpg

 

私は・・・やっぱり『傳一郎』大好き!やさしいお米の香りがいいね。

 

 

 

今回初めての方も多く、松尾社長の人柄できっと日本酒ファンが増えたのではないでしょうか。

そして香水のような上品な香りの國香は女性を虜にしたはずです[揺れるハート]

 

料理は「フランス料理」と思うほどビジュアル的にもGOOD。もちろん味も最高でした。

 

100804007.jpg

100804010.jpg

無ろ過生原酒に合わせた「チーズを使ったお皿」はとてもニクイ演出[目]。酒好きにはたまらない一品。

 

そしてデザート『國香のブランマンジェ2010 夏 イチジクの純吟コンポート』は、もう・・・この中に入って眠りたいほど美味しい。純吟の酒粕の香りが私を癒してくれそうです。(写真を取り忘れました・・・)

 

最後には、『浴衣美女集団』と松尾社長で記念撮影。今回とくにドレスコードはないのにみんな着物や浴衣で参加して・・・素晴らしいね。きっと社長も喜んでくれたことでしょう。

100804017.jpg(プライバシー保護のためぼかしてあります、個別に欲しい方はご連絡を下さいね。)

 

えり子さん、松尾社長、そしてMANDOの皆様、楽しいひと時をありがとうございました。また次回を楽しみにしておりますね。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 Neo Japanesque Bar MANDO

〒420-0031 静岡市葵区呉服町2-4-6 森ビル1・2階  054-221-5103

http://www.at-s.com/html/gourmet/jizake/vol150.html

(アットエスより)


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

駿河地酒や  豪華なゲスト! [美酒美食会]

昨日は静岡県新酒鑑評会の一般公開の日でした。

受賞酒を味わうお披露目会です。


今年の県知事賞は、

・吟醸酒の部   喜久酔

・純米酒の部   開運


でした。




どのお酒もすばらしい出来でたくさんの方が楽しげに味わっていました。


IMG_0683r.jpgIMG_0686r.jpgIMG_0685r.jpgIMG_0684r.jpg

私の好みは「喜久酔」の純米酒(←香りが最高[ぴかぴか(新しい)])、「國香」「英君」も優しい味・上品な香りでとってもおいしかった~[わーい(嬉しい顔)]。それと今まで東部のお酒はあまり飲む機会が少なかったのですが「白隠正宗」も好みである事が発見!
こうやっておいしいお酒を発見できるのことがうれしいですね[手(チョキ)]


会場には蔵元さんもいらして楽しい会話もうまれていました。

[三日月][三日月][三日月]

その夜感動覚めやらぬ中、『駿河地酒や』が開催されました。

静岡駅近くの『湧登』さんで有機栽培のおいしい野菜や地鶏をつかったポトフ、新鮮なお刺身等おいしいお料理と小夜衣さんの「爆弾酒」を囲んでワイワイ始まりました。

IMG_0702r.jpgIMG_0703r.jpgIMG_0708r.jpg

最初は20人のメンバーで開始したのですが、いつのまにか蔵元さんもお見えになった豪華な会になっていました。
昼の会場では硬い表情の蔵元さんでしたが、ここでは緊張が解けてさらにお酒を口にすると楽しい会話の花が咲きました。


豪華なメンバーは・・・

小夜衣 森本社長
國香   松尾社長
満寿一 増井専務
喜久酔 青島専務

↑傳一郎、傳次郎、傳三郎杜氏揃い踏み!すごすぎ[あせあせ(飛び散る汗)]
白隠正宗 高嶋社長


これはすごいでしょ!!駿河地酒や始まって以来の豪華なゲストです。
でも、お酒が入るとみんな緊張は飛んでいってしまって楽しく歓談です。ほんと楽しかった~。


喜久酔の青島専務は県知事賞受賞された足で来てくださったのでお祝いの会でもあるかも!

IMG_0715r.jpg

最後にぐちゃぐちゃになりながら写真撮影をしてお開きに。


こんな会したくてもできない!ってくらい贅沢な時間を過ごすことができました。

主幹のえり子さん、篠田酒店の平井さん、湧人の山口さんをはじめすばらしい仲間にめぐり合えたことに感謝・感謝です。

nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第9回 駿河地酒や 『リベンジ!誉富士』 [美酒美食会]

前回の『駿河地酒』やでは台風直撃で誉富士を味わうことが出来ず、リベンジのこの日を待ちわびていました。(詳しくはコチラ

 

12月ということでかわかつさんへ行く途中、駅のイルミネーションが綺麗だったので思わず撮影。うーん気分が盛り上がる~。

 

いつもお世話になっているかわかつさんへ到着すると、もうたくさんの皆さんが集まっていました。

今回のお酒のラインナップ!

お食事も鯖寿しやお刺身、あん肝のソテーなど・・・冷酒やお燗したお酒に合うメニューで大満足。毎回美味しいお食事で感動です。

 

 

同じ誉富士を使ったお酒でも、すっきりしたもの、ねっとりした甘さのもの、酸味が利いたものなど違いがあり驚き。

私のお気に入りは『大村屋酒造場 水明山紫 風香 特別純米60%』 とってもすっきりしていてお刺身や天ぷらにも合う気がします。

浜松酒造 出世城 寒造り 特別本醸造60%』も熱めのお燗でまろやかになりよかった~。

 

誉富士以外にも

『杉錦 天保十三年 山廃純米』はすっごく酸味が強かったのですが、えり子さんがお燗につけてくれて戴いたものはほどよい酸味に変わって香りがたってこれも美味しかった!!

 

デザート酒には、杉錦さんの『はまこまち』、『飲む味醂』。

はまこまちはワインのようなライトさとほのかに香るお芋の甘さがいい!お酒が苦手な方にも美味しく飲める爽やかな味です。(まーここの会場には苦手な人はいませんが・・・

『飲む味醂』は濃厚な芋焼酎のような「イモイモ」感が美味しい。

 

最後にほどよく酔っ払った人たちで静岡かるた』を行いすっごく盛り上がりました!目の前の札だけを見つめて見事『静岡地酒手ぬぐいをゲット』。やった~!

 

次回は新年会!今からも楽しみです。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

嵐の駿河地酒や [美酒美食会]

昨日はすっごい台風でした~。

雨より風がすごい印象でしたが皆さんの所はどうでしょうか?

 

で、よりによってこんな日に大切な『駿河地酒や』が・・・。

今回は電車移動がなく参加できるので大雨でも行こう!と思っていたのですが、皆さん遠いところから参加される方が多いのでキャンセルもでてしまうのはしょうがないこと。

でも、一番遠いえり子さんが電車で缶詰に!

みんなとっても心配しましたが、途中下車して無事タクシーにて登場してくれました。

 

少し前からお酒は開けていたのですが、なーんか「しんみり」していて・・・えり子さんが来てからやっと盛り上がりました。やはり偉大なお方なのです。

で、今日飲んだお酒は、

鳳凰美田 亀の尾 純米吟醸

獅子の里 中取り 純米吟醸

白露垂珠 純米吟醸限定無濾過 氷温5年熟成

 

お食事はナスフーデストで見事優勝したレシピ

その他もとっても美味しかったです。

メインの『誉富士』のお酒は今回飲んじゃうのはもったいないので次回のお楽しみになりました。またたくさんの人でワイワイ飲む事になるでしょう。

 

行きに傘が壊れちゃったので、それを抑えながら差して帰りました。

こんな大変な会は一生忘れないかもしれませんね


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

志太平野美酒物語 [美酒美食会]

今年もまた年に一度の美味しいお酒の会がやって来ました。

『第15回 志太平野美酒物語』


焼津市の松風閣で行われる会で、焼津・藤枝・島田の蔵元さんが終結してたくさんの人で「美酒」を味わう会です。

その蔵は、志太泉 喜久酔 初亀 杉錦 磯自慢 鬼ころし で有名なところ

 

今回も全国各地から400人が集まり、各蔵元さんの人気の銘柄や未発売のお酒も振舞われました。

中には精米歩合90%というお酒も登場し驚き!冷やすより軽くぬる燗にするとおいしいかな・・・と思いました。

初亀のタイムサービスのお酒もあって、その時刻が近づくとみんな並んで長蛇の列。みんな長く待ってもニコニコしてますけど・・。

 

テーブルでは、恒例の『利酒大会』も行われていて、去年はずしてしまった私は今年は同じテーブルの『利酒師』の方にお願いしちゃいました・・

ホテルの美味しいお料理と最高のお酒!もういうことなしですね。

 

 

で、さらにうれしいことに私たちのテーブルは、利酒師の男性とはるばる兵庫から来た女性の鋭い味覚のおかげで利酒が当たったので、お土産に1人1本のお酒付きになりました。


やった~

 戦利品です!テーブルの人みんな1本もらいました!私は杉錦をゲット。

 

今回感動したお酒は、

喜久酔 純米大吟醸 松下米40

なかなか飲むことが出来ないお酒。口に入れた瞬間に香りが広がりすーっとのどに入りました。
難しいことは抜きにして、とっても美味しいお酒でした。

 


・・・で、気分が盛り上がってそのまま2次会へ突入!

以前も日本酒会でお世話になった『かわかつ』さんへ。

ここでは『杉錦』づくし!

また飲んじゃいました・・・・あは

  白ワインビネガーのようなすごい酸味!でもおいしいのよ~

 

吟醸香が広がるのにピリッと辛口が心地よかった~。

 

 

 お腹一杯心も一杯!すっごく楽しい1日でした。

ほろ酔い状態で、最終で帰りました・・・・。

 


nice!(2)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『國香』三昧の夜 [美酒美食会]

今回の「駿河地酒やⅣ」は

「熱く語る酒・國香~松尾傳一郎氏を囲む会」

そう!社長まで来てしまうスゴイ会なのです。

 

いつもは静岡中部地区で行ってもらっていたのですが、今回は浜松。浜松で飲むなんて初めてなんです。

仕事と雑用で家を出るのがおそくなって・・・贅沢にも静岡ー浜松間を新幹線で行ってしまった私。ふふふ・・・それくらいの価値はあると思うのですよ

 

お店では、隣のグループの雑音もなんのその!真剣に「利酒」スタート。酸度やアルコールの強さ、甘い辛いなどの違いを利いたのですが・・・なかなか難しいですねぇ。

 

乾杯は①『大吟醸 斗瓶生 山田錦40%』

爽やかな喉越しでみんなうっとりしてました・・・。

 

今日のラインナップは

②純米大吟醸 斗瓶生 山田錦40% H18BY

③純米大吟醸 斗瓶生 山田錦40% H17BY   ←アミノ酸が複雑に絡み合う味に感じました。

④特選純米吟醸 斗瓶生 山田錦50%

⑤純米吟醸 傳一郎(手作り生) 山田錦60% ←「清流」のような爽やかさ

⑥特別本醸造 生原酒 五百万石55% 

⑦特別純米 無濾過生原酒 五百万石55% ←旨みがぎっしり! 

 松尾社長が女性陣に熱く語っておられました。

⑧吟醸 雅のしずく H17BY

サプライズなお酒・・・秘密です。

 

もう書いただけで、胸がいっぱいになりますねぇ・・・。そしてよく飲んだわ~。

私が今回お気に入りのお酒は⑤傳一郎と⑦特別純米。(純米好きでーす)

もちろん、純米大吟醸がおいしい!のは当然なのですが、特別純米が美味しいのがおどろいてしまいました!価格のリーズナブルなのでさらに◎ですよね。でも・・・一升瓶しかないらしいケド。

 

松尾社長が席を移動して参加者みんなへ熱く語っていました。なんて贅沢!

シロウトな質問にもしっかり答えてくださって・・・人柄のよさがでてましたね~。

最後に社長からのお猪口のプレゼントを頂き感動。

楽しい時間は短いもので・・・ほろ酔い爆睡で長い帰路を戻ってきました。

 

また次回も楽しみで~す。


nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

駿河地酒やⅢ ~喜久酔に酔う夜~ [美酒美食会]

またまた日本酒の会「駿河地酒や」に参加してきました。

今回は「Ⅲ」。(Ⅱは行けなかった・・

そして・・・待ちに待った喜久酔』づくしの会です。

今年の(静岡)新酒鑑評会で試飲させてもらったときに「あら~っ」と腰砕けになるほど美味しかったお酒だったので、いつかは喜久酔をたくさん飲みたい!と思っていました。

 

今回も利酒師のえり子さんが頑張ってくださって、喜久酔の蔵元「青島酒造」の専務さんを招いての会となりました。

青島さんは「ファンドマネージャー」という金融の職業から実家の造り酒屋を継いだ異色の経歴をお持ちの方。とても真面目な方でお酒造りにかける情熱をお話になりました。

そして・・・今日のラインナップは

①純米大吟醸 松下米40(17BY) ②純米大吟醸 松下米40(15BY) ③大吟醸 ④純米吟醸 ⑤吟醸 ⑥特別純米 ⑦特別本醸造

 ボケてしまった・・・

これだけ並んだだらもう圧巻です!喜久酔さんのお酒は静岡酵母だけを使った品のある香りの「静岡型」のお酒。もーツボにはまってしまう・・・。

15BYの純米大吟醸はえり子さんが大事に今日の日までとり置きしていたお酒。専務さん自身も「もうこれはうちにもない!」と言ってニコニコと酒瓶を眺めていました・・・。
17BYは酸があり香りもすぐたつフレッシュな感じで15BYは角がとれまろやかであとから果物の香りが広がってきました。

純米酒好きな私は「特別純米」もすごーく美味しかった!
しっかりとしたお米の香りがしてお料理と相性バッチリです。(今日は軍鶏の塩焼きとの相性がgood!)

残念なことに今日いつものカメラを忘れてしまい、おいしい「かわかつ」さんの料理がボケてしまった・・・あー失敗。

 
蕎麦やさんなので「田舎蕎麦」「蕎麦がき」「せいろそば」はもちろん「軍鶏の塩焼き」「甘酢茗荷のパルミジャーノはさみ」などお酒に合わせたメニューが素晴らしかった!!
                   

家ではちょっと真似は出来なそうなので・・・またココへ来て食べなくては。

今回もまたTakaさんの差し入れのお酒がありました。

⑧華想い ⑨豊盃倶楽部   (共に青森県 豊盃)  

 

ポスト14代と言われている酒蔵だそうです!

とても喉ごしよくて「せいろ」とぴったりでした

 

なんだかんだで電車は「終電」。よくぞ飲みましたって感じです

また次回『Ⅳ』を楽しみに閉会・・・今日のメンバーは次回もフル出席の事でしょう・・・。


nice!(4)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第1回 駿河地酒や  杉錦と黒シャモ [美酒美食会]

今までの『美酒美食会』がリニューアルして、今回からえり子さん主催の

『駿河地酒や』

がスタートしました。

一回目にしてもう20名の方が参加、少し遅れていった私はその迫力にビックリ
今回のゲストは「杉錦」の蔵元・杉井均乃介さんでした。
とっても「まじめ」そうな方なのに、お酒の話をはじめると情熱タップリ・・・。
6年前からは蔵元自ら「杜氏」として指揮をとられているそうです。

*山廃もと搾り・山廃純米(蔵つき酵母使用)  アミノ酸が6.0・酸度8.0ありとても酸味が強いため、酒度が-8なのに甘すぎず「シャブリ」のような爽やかなお酒でした。夏の暑い日にぴったりです。


*純米大吟醸しずく取り原酒   今年の新酒鑑評会出品酒です。原酒なのに飲みやすくサラリとしてました。


 そのほかにも・・・

*気もと 特別純米酒 *八百萬(やおよろず) *山廃純米   ←2006/2 dancyuで1位になったお酒 *才助(米焼酎)常圧蒸留

参加者からの差し入れのお酒
*蓬莱泉 純米大吟醸「吟」   甘みが主張しすぎず香りが口に広がるおいしいお酒。入手が大変なのに会に提供して戴いてほんとにありがたい。 *王録 純米酒         精白80%とは思えない綺麗な味。香りも柔らか。

今回もすっごいお酒でものすごーい盛り上がり!

お食事の方は藤枝の「かわかつ」さん貸切!朝からこの会のために準備してくださったようです。
大井川黒シャモは内臓が生で食べられるほど新鮮なお肉。鍋で戴いたのですが、先に生のお肉(ハツ・レバー・砂肝など)をごま油で食して感動しきり
すごくおいしかった~。

お肉つやつや・・・

初対面の方々も開始5分ですでにフレンドリー状態でしたので、最後はおなかを抱えるほどの大盛り上がり!

最後に今日のお酒のショット 次回をまた楽しみにしてま~す。


nice!(4)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

第9回美酒美食会 with 中華 [美酒美食会]

前回の8回には仕事で残念にも参加できなかったので、今回は何が何でも参加するぞ!との意気込みで行ってきました。

今回は利酒師のみささんプロデュース

「中華料理と日本酒」

がテーマ。

 

静岡市内の中華料理のお店に集合!

今回も太っ腹な参加者からの「差し入れ」もありたくさんのお酒を味わうことができました。

まずは差し入れ一本目の「山桃桜」と書いて ゆすら と読む純米吟醸酒で乾杯!(純米吟醸)

食前酒にぴったりな「果実酒」のようなフルーティーなお酒。口当たりが軽いので女性にオススメのお酒です!

 

次に白金という木桶仕込みの純米酒。

 

アメリカ人のセーラさんが発起人になって「復活」させた木桶仕込みのお酒。日本のお酒が外国の方から指摘されて復活するなんて・・・最近の日本全体にも言えるような。

この「白金」すごーく私好みのお酒でした。

木桶の香りが付いていてまるで枡でお酒を飲んでいるような感じ。甘みはなくサラリとして、白身の魚やキスの天ぷらなどが食べたくなってしまいました・・・。

 

棒棒鶏やエビチリ、点心などの食事もおいしかった。エビチリに入っていた「くわい」の歯ごたえがよくて感動。

 

そして続々と出てくるお酒・・・

勢ぞろい!

相伝(そうでん) 木桶仕込み純米酒 袋吊り・・・ほのかに甘くコクのある味 優しい女性のよう

くどき上手 純米吟醸 桶仕込み・・・お米の強い甘さがストレートにくる感じ

菊盛 山廃純米樽仕込み・・・2005年と2006年のものを飲み比べたのですが、全然香りが違いました!自然界の乳酸菌が微妙に味を変えるとのこと。

 

・・・くどき上手と菊盛も差し入れ。太っ腹な参加者に感謝感謝

 

そして、すごかったのが・・・

「開運」秘蔵酒 大吟醸ブレンド

大吟醸ブレンドなんて聞いたことない!!

1983年から1991年までの大吟醸原酒を1994年にブレンドしてさらに低温貯蔵!2005年11月に777本のみ発売!その一本がコレ!!

とっても貴重な一本をみんなで戴いてしまいました。

 以前の記事「銘酒探訪・蔵の酒」でも開運の秘蔵酒は書いたのですが、今度はブレンドですから・・・すごい。

 古酒ですから「力強い」のですが、なぜかスルスル飲んでいました。10年分の複雑な味のからみが味をまろやかにしているのでしょうか・・・。

 その他、えり子さんの思考で「古酒」対決や「紹興酒」との飲み比べなど・・・いろいろ楽しい内容でほろ酔いの中終了しました。

 

おまけ・・・残ったお酒の争奪戦でみごと!「白金」ゲットしました。やった

また次回よろしくおねがいしまーす。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 美酒美食会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。